記事一覧

黒トリュフのシーズン真っ只中!

ファイル 147-1.jpg

一段と寒さが増してきて、早く春にならないものかと考えてしまいますね。
そこで、冬といえばやっぱりこの食材、
「黒トリュフ」
ですよね!
今がシーズン真っ只中の黒トリュフを、召し上がりにいらしてください!!

新年会を開催いたします!!

来週18日(水)に、毎年恒例コルテージアの新年会を開催いたします。
料理もワインもたくさんご用意いたしますので、興味のある方はご連絡下さい!
当日は、ワインの持ち込みもOKです。

みなさんで盛り上がりましょう!!!

Buon Natale!!

ファイル 145-1.jpg

もうすぐX'masですね。
今年のプランは立てましたか?
まだどうしようか悩んでいるのでしたら、コルテージアでディナーは如何でしょうか?

思い出に残る素敵なひとときをどうぞ。

モンテビアンコ

ファイル 144-1.jpg

今年もこの季節が到来。

そうです!「モンテビアンコ」がお目見えしました!!

皆さん大変長らくお待たせいたしました。
1ヶ月ぐらいはご用意できるかと思いますので、是非この機会を逃さずに!!

ワインテイスティングパーティー開催

ファイル 143-1.jpgファイル 143-2.jpg

今回は、南イタリアを中心に“ノヴェッロ”(新酒)の飲み比べをいたします。
今年のワインの出来はいかがなものか?皆さんの舌で判断してみてください。
そしてお料理は、フレッシュ&フルーティーな新酒に合わせた秋の味覚をご用意いたしますので、おたのしみに!!

第14回ワインテイスティングパーティー
 「 ノヴェッロと深秋の味覚を味わう」

日時:11月24日(木)
18:30受付開始 19:00スタート 21:30終了予定
会費:7000円(税込み)
   会の性質上、当日のお支払いは現金にてお願いいたします。
定員:40名

尚、定員になり次第締め切らせていただきますので、お早目のご予約をお待ちしております。

プーリアワイン会開催!!

ファイル 142-1.jpg

第1回開催から早くも3ヶ月がたち、次回はどうなっているのかとヤキモキした方もいらっしゃったのではないでしょうか。

今回は、日本に入荷されたばかりのプーリア州ムルジェ地方のワイナリー「COLLI DELLA MURGIA」のワインを味わいながら、みなさまに、もっとプーリアのことを知っていただきたいと考えております。

今回のテーマは
「五感でワインを味わう!?」

通常ワインを味わうには、味覚、嗅覚、視覚、触覚の四感しか使いませんが、聴覚まで使ったワインテイスティングを試みます。どのような会になるかはお楽しみに!!!

そして、お食事においても、皆さんに味わっていただくワイン生産者「COLLI DELLA MURGIA」の食卓をできる限り再現。ワインを味わいながらプーリアの雰囲気を味わってください。

※ COLLI DELLA MURGIA コッリ デッラ ムルジアは1986年にスタートした生産者です。創業当時は世界的なトレンドとしてカクテルが流行していた時期でもあり、その状況に変化をもたらしたいとワイン造りをはじめました。ワインは全て有機栽培にこだわり、研究を積み重ねた結果、いくつものワイン品評会で表彰され、ムルジェ地方を代表する生産者と支持されております。


日時:10月26日(水)18:30受付開始 19:00スタート 22:00終了
会費:7000円(現金のみ)
定員:30名


※会の性質上、当日は現金でのお支払いでお願いいたします。
※プーリア州をより知っていただくワイン会です。プーリアに興味のある方はもちろん、全くない方も楽しめる会です。
※お席に限りがございますので、お早目のご予約をお願いいたします。


皆さんお誘いあわせの上、是非お越し下さい。

8周年記念パーティーが開催されました!

ファイル 141-1.jpgファイル 141-2.jpg

9月28・29日の2日間、コルテージアにおきまして8周年記念パーティーが開催されました。

いつもいらっしゃっている方や、初めていらっしゃる方など、たくさんの方にお集まりいただきました。本当にありがとうございます。

次回、10周年を目指して頑張っていきますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ワイン会が開催されました!

ファイル 140-1.jpg

9月6日に恒例のワインテイスティングパーティーが行われました。
今回はロゼだけのワイン会でしたので、いらっしゃったみなさまは新しい発見ができたようです。
おかげで盛大に盛り上がりました!

次回は11月に行いますので、乞うご期待!!

ワイン会を開催します!

ファイル 139-1.jpg

来る9月6日(火)に
「南イタリアのロゼワインと秋を感じる料理のマリアージュ」
と題して、ワインテイスティングパーティーを開催いたします。

ご興味のある方はぜひご参加下さい!
詳しくは係りまでお問い合わせ下さい。

お休みさせていただきます。

誠に勝手ながら、8月15日(月)は休業とさせていただきます。
また、14日(日)は定休日ですので、14,15日と連休となります。
16日(火)からは通常通り営業いたしますので、皆様のご来店をお待ちしております。

Pugliaの生活を味わう会開催!

ファイル 137-1.jpgファイル 137-2.jpg

このたび、イタリア政府の取り組みとして、
日本にはまだ入っていないプーリア州のワイナリーたちが一つになり、「もっと日本にプーリアのことを知ってもらいたい!」、という声のもと、日本において、いろいろなイベントやプーリアの広告活動を行い、プーリア州を広く認知していただくための企画が立ち上がりました。

そこで、今回、皆さんにプーリアを知っていただく最初の企画として、プーリアワイン会を開催いたします。
テーマは
「南イタリア プーリアの生活」
プーリアの人たちは日常どのような生活をしているのか?
文化的背景や音楽など、いろいろな角度から見て、感じて、理解していただけるような会にしてまいります。

そして、お食事においても、プーリアの食卓のイメージを持つために、今回は、皆さんに味わっていただくワイン生産者「SANTIDIMITRI」の食卓を、できる限り再現し、ワインを味わいながら、プーリアの雰囲気までも味わえるよう、ただいま準備しております。

日時 : 6月29日(水)
18:30受付
19:00開会 
22:00終了
会費 : 6000円(税込み)
定員 30名

プーリア州をより知っていただくワイン会です。
プーリアに興味のある方はもちろん、全くない方も楽しめる会ですので皆さんお誘いあわせの上、是非いらっしゃってください。

泡の会が盛況に行われました。

ファイル 136-1.jpgファイル 136-2.jpg

昨日、恒例のコルテージアワインテイスティングパーティーが行われました。

今回はイタリアの泡物がテーマでした。
いらっしゃったみなさんは、新しい発見をしていただけたと勝手に思っております。

みなさんの飲みっぷりも素晴らしく、30本弱のワインがあっという間に空いてしまいました。

また次回の企画を楽しみにしていてください!

次はサマートリュフ!

ファイル 135-1.jpg

皆さんに惜しまれながら、ボンゴレビアンコの季節も終了となってしまいました。
また来年会いましょう!!

で、ボンゴレに取って代わって、サマートリュフが入荷しました。

サマー?ってまだ夏には早いですが、ひと足お先にイタリアからやってきました。

冬トリュフに比べ、香りはやさしめですが、贅沢な味わいは変わらず発揮しております。

「イタリアの地方料理」発刊

ファイル 134-1.jpgファイル 134-2.jpg

このたび、柴田書店より「イタリアの地方料理」という、イタリア全20州の地方料理を、著名なシェフが州ごとに紹介する、イタリア料理好きにはたまらない本が発刊されました。
そして、プーリア料理といえばやはり、コルテージア江部シェフですよね!

もちろんプーリア担当は江部シェフに任され、プーリアの地方料理を写真、レシピつきで紹介しております。

是非一度ご覧になって、料理のレパートリーを増やしてみてください。

また、当店ではこの「イタリアの地方料理」をご希望の方に販売しております。

価格は、定価5,460円(税込)のところを10%OFFの4,914円(税込)
店頭でのお渡し、現金のみでの販売になります。

詳しくは当店スタッフに気軽にご相談下さい。

早くも大盛況!

ファイル 133-1.jpg

アサリの季節がやってきましたね!

先週から始まりました「ボンゴレビアンコ」ですが、連日皆様からのお問い合わせが多く、フル稼働で提供しております!

日ごとに身が大きくなってきて、プリップリの食感と程よい甘味があるアサリは、この季節だけの味わいです!

この機会を逃さずに!!

お花見会を開催いたしました!

ファイル 132-1.jpg

先日24日にコルテージアでお花見会を開催いたしました!
このような状況の中、たくさんの方がご参加くださったことに、スタッフ一同感謝しきりです。

これからもいろいろなことに取り組みますので、皆さんよろしくお願いいたします。

写真はお客様からいただいた当日の風景です。

お花見ウィーク開催中!

ファイル 131-1.jpg

みなさん待ちに待ったお花見の季節がやってきました!

コルテージアでもみなさんに春の訪れを感じていただきたく、店内のいろいろなところに桜を飾っております。

花を眺めながらの楽しい食事は、心のゆとりを与えてくれますね。

ホワイトアスパラが到着しました!

ファイル 130-1.jpg

皆さん待ちに待った春を感じる食材の登場です!

今年は例年よりちょっと早くフランスから到着。

太さもしっかりとあり、食べごたえがあります!

まずはパスタでいかがですか?

雪、雪、雪・・・

ファイル 129-1.jpgファイル 129-2.jpg

今日は朝から降り続く雪のせいで、出かけるのも億劫になってきますよね。せっかくの3連休だというのに・・・。
寒くて仕方がないこんな日には、体の温まる美味しい料理が欲しいなぁ。なんて思いますよね。

そこでコルテージアの体を芯からあっためるお料理をご紹介!

プーリア料理ならではのオレッキエッテはフリアリエッリという蕪の葉のようなイタリア野菜とあわせて。

もう一つはプーリアの定番「乾燥そら豆のスープ」

ホッとする味わいは心も体も温めてくれます。

プーリアから到着!

ファイル 128-1.jpg

先日、プーリアから久しぶりに届いたカポコッロ。

本場、マルティナフランカの正真正銘の豚の首肉のハムです。

フレッシュ感たっぷりの柔らかさと、噛むほどに旨みがあふれ出す味わいはここでしか味わえません!!

少量入荷ですのでお早めに!

コルテージアの新年会

ファイル 127-1.jpgファイル 127-2.jpg

先日13日に新年会が行われました。

スタッフも交えながら、皆さん飲んで食べて大いに盛り上がりました。

今後もこんな企画をみなさんに提案していきますので、楽しみにしていてください。

今年も1年ありがとうございました。

今年もいよいよあとわずか。
1年間本当にありがとうございました。

年内は30日まで営業いたしております。
また、新年は1月6日から営業いたします。

そこで、1月6日・7日の2日間のディナーにご予約いただくと、コルテージアからのお年賀といたしまして、ご飲食代を20%割引させていただきます。

おせちに飽きたら、是非コルテージアでプーリア料理を堪能してください。

クリスマスディナーご予約受付中です。

ファイル 125-1.jpgファイル 125-2.jpg

【クリスマスディナー特別コースメニュー】

Cenone di Natale 2010
\10,000(税込み・サービス料別)

メニュー
フリセッリーネ レッドキャビアのせ

フォアグラ、生ハム、パルミジャーノとプーリア産乾燥イチジクのサラダ仕立てホワイトバルサミコのヴィネグレットソース

ポルチーニ茸のポタージュ

フスコじいさんのスパゲッティーニをサルディーニャ産カラスミの風味で

手長海老と野生のルーコラのトマトクリーム仕立てリゾット 白トリュフの香り

和牛ロース肉のタリアータ ゴルゴンゾーラチーズ風味の赤ワインソース

クリスマスデザート

エスプレッソ、コーヒーまたは紅茶

(食材等の都合により内容を変更する場合がございます。)
皆様のご予約を心よりお待ち申し上げております。

ワインパーティーが開催されました!

ファイル 124-1.jpgファイル 124-2.jpgファイル 124-3.jpg

「南イタリアの赤ワインとノヴェッロ、初冬の味覚を味わう会」が昨日行われました。

今回も盛況で、沢山のワインがあっという間にカラになっていきました。

いらっしゃっていただいた皆様、本当にありがとうございます。

次回も楽しい会を企画いたしますので、お楽しみに!

赤城からイノシシが届きました。

ファイル 123-1.jpgファイル 123-2.jpg

昨日、群馬で農業を営むシェフの友人からイノシシを少し分けていただきました。

罠にかかったのを譲っていただいたそうです。

シンプルにグリルで召し上がるとワイルドさが一層引き立ちます。

写真はモモ肉を持つシェフとキッチンスタッフたち。それにモモ肉のアップです。

ノヴェッロ解禁!

ファイル 122-1.jpg

今年もこの季節がやってきました。
そう、新酒の季節です。

ブドウのフレッシュ感たっぷりの味わいは、秋を感じさせてくれます。

今年も、赤白各種取り揃えておりますが、数に限りがありますので、お早めに!

収穫の秋ですね!

ファイル 121-1.jpg

先週までは夏日の日もあったのですが、少しずつ寒くなって秋の気配がしてきました。
秋の食材も揃ってきたので、赤ワインでも飲みながら・・・なぁんて気分ですね。
そろそろコートも必要かな・・・?

白トリュフの季節がやってきました!

ファイル 120-1.jpg

お待たせしました!
この季節のイタリアといえば、やはり、白トリュフとポルチーニですね。
すでにポルチーニは入荷しておりましたが、やっと待ちに待った白トリュフが入荷しました。

独特の強烈な香りが店中充満しております!!

イタリア好き

ファイル 119-1.jpgファイル 119-2.jpg

昨日、フリーマガジン「イタリア好き」主催のプーリアディナーパーティーが開かれました。
“本当に”イタリア好きな方たちが集まり、たっぷり食べて、沢山飲んで、楽しい会になりました!

写真はプーリアから届いたカポコッロ(豚首肉の生ハム)とシェフが作ったティエッラ(プーリア風焼きリゾット)です。

詳しい情報はこちらから
http://italiazuki.com/

ハッピーバースデイ

ファイル 118-1.jpg

本日9月9日はコルテージアの誕生日です!!

そして、7周年記念コースもスタートしました。

ボリュームたっぷりの内容でご用意いたしますので、味わいにいらしてください。(要予約)
写真はメインディッシュの仔羊の農民風オーブン焼きです。

9月9日は7歳のバースデイ

ファイル 117-1.jpg

皆さんこんにちは
今月9日にコルテージアは7歳を迎えます。
そこで、7歳にちなんでスペシャルなプーリア料理のコースをつくってみました。
全7品のコースは、お値段も“7770円”とフィーバーしています!

9月いっぱい開催してますので、皆さんでいらしてください!!

冷た~いパスタが始まりました。

ファイル 116-1.jpg

夏真っ盛り!
冷た~いパスタの時期がやってきました。
今年はトマトとボッコンチーニという小さなモッツァレッラを使ってシンプルな味に仕上がってます。
暑い日には涼を求めて召し上がってみてください!

夏はやっぱりビールですね!

ファイル 115-1.jpg

モレッティ ドッピオモルト
イタリアのビールでモレッティは有名ですが、「麦芽2倍」なんて名前をつけたこのビールはまだあまり知られていません。
2倍というのは極端ですが、麦芽を20%増量した華やかでフルーティーなこのビール、飲みやすいのにアルコールは7%と高め!
そんなことを感じさせない造りには脱帽させられます。
さすが、イタリアNO,1ビール!!!

ランチでプーリアの味を

ファイル 114-1.jpg

7月からランチのシェフおまかせコースがプーリア色たっぷりの内容になったのです!

ワイン片手に、休日のお昼からこ~んな感じで食事したいですね!
(写真はプーリア風前菜です。あくまでイメージですが・・・)

加藤

ガヤにブルネッロが?!

ファイル 113-1.jpg

先日、面白いワインを見つけました!
あの“ガヤ”が造る「ブルネッロ ディ モンタルチーノ」
2005年が初リリースで、その後の予定はいまのところないそうです。
と言うのも、通常造られている2種類の単一畑のブドウの出来が良くなかったので、それを混ぜ合わせてリリースされたとのこと。
で、味のほうはというと・・・
きれいな酸と程よいタンニンのバランスが優しくまとまったワインかなぁ。
香りはブルネッロらしく強いのですが、“レンニーナ”と“スガリーレ”に比べるとやっぱり味わいにパンチがないかなぁ・・・。
でも、そこはやはり“ガヤ”らしく、「うまく造ってるなぁ」と感心してしまったのでした。

かとう

☆連載:ボンゴレビアンコができるまで

ファイル 112-1.jpg

さっちゃんの合格をいただけたアサリ達は冷蔵庫の中で砂抜き…
築地から入ってくる時点で、砂抜きのアサリを仕入れているのですが、念には念を…。
貝類を食べて“ジャリッ”となると萎えますものね。
冷蔵庫の中で静に出番の時を待つのでした。

☆連載:ボンゴレビアンコができるまで

ファイル 111-1.jpg

さて、さっちゃんの篩いにかけられたアサリ・・・
今度は“クンクン”と匂いをかがれます。
やはり、生臭い物などは中で死んでいるので捨ててしまいます。

中を開けて確かめることのできないアサリ達、音や匂いで判断して次の工程に進めるんですね。
どんな料理工程にも五感を最大に使っています。

余談ですが・・・
サービスマンや料理人はワインや料理のこと以外に感性を豊にしていくため、日々の生活の中やお休みの日に芸術活動をすることも大切だと私は考えています。

つづく・・・

☆連載:ボンゴレビアンコができるまで

ファイル 110-1.jpg

東京は桜の花が満開です。
昨日の風にも負けずに枝にたわわに実った桜たちに感謝。
月曜日(私の唯一のお休み)はお花見かな・・・
こんにちは佐久間です。

さて連載予定の<ボンゴレビアンコができるまで・・・>

築地から届いたアサリ。パスタ場の吉橋(通称さっちゃん)が水道水でザバザバと洗います。
そして、あさり同士をコンコンッと叩いて音でアサリの状態をみます。
身が詰まっている物、そうでないもの、中の身が死んでいる物、音で判断ができるそうです。(澄んだ音がするものがいいそうです。)未熟者な私には判らない・・・
殻を左右にずらしてすぐにずれて開いてしまうものも駄目・・
一つ一つさっちゃんの篩いにかけられ、合格したアサリだけが次の工程に進めます。

つづく・・・

☆ボンゴレビアンコができるまで・・・

東京でも桜の花をチラリと見かけるようになってきましたね。
しかし、気温は低く桜の花も縮こまりながら私の季節かしら?
と咲いているようにみえます。
こんにちは佐久間です。

最近キッチンを覗いていて、毎日届く食材
それは『アサリ』です。
皆様の大好きな、『ボンゴレビアンコ』がテーブルの上へ運ばれるまでを
連載してみようと思います。
江部シェフのお料理ですから、工程としては結構シンプルなんですが
アサリの下処理などは念入りに・・・
明日から少しずつアップしていこうと思いますので
皆様、お付き合いのほど宜しくお願いいたします。

☆今年もこの季節☆

ファイル 108-1.jpg

お待たせいたしました。
4月の声を聞いてやってきしまた。
“アサリ”です。

コルテージアの『ボンゴレビアンコ』の季節を楽しみにしている方は多いのでは?
まだ、召し上がったことのない方はお早めに・・・
ゴールデンウィークの声を聞く頃にはなくなってしまいます。

今日はシンプルにお伝えしたいことだけ・・・
佐久間でした。

☆春が目の前☆

ファイル 107-1.jpg

一雨降るごとに気温も上がり、
道端に目を落とせば春の花がひっそりと咲いています。
小さな日々の出来事からも春を感じる今日この頃です。

そんな日々の中、フランスからも春の便りが…
『ピサンリ』というフランスのタンポポの葉が入荷しました。
幼い時にタンポポの茎を使って笛を作ったことがあります。
その時に口に銜えた感覚をふっと思い出しました。
香りの記憶はすばらしものです。

春の野菜はほろ苦く、香り高い。
ほんの少しの間の季節の味わいを是非…

☆チンタセネーゼ☆

ファイル 106-1.jpg

今日は風がとても強かったのですが、暖かかったですね
休憩時間に、近所の公園までふらりと散歩にでてしまいました。
暖かさに誘われて、公園も子ども達が元気に遊びまわっていました。
こんにちは、佐久間です。

今コルテージアでは…
イタリアからやってきた豚肉『チンタセネーゼ』が召し上がれます。
骨付きのロースをローリエと赤ワインの風味をつけて
シンプルに炭火で焼きあげて…

少し厚めにカットして、焼き上げていくと美味
1.5人前くらいをお二人でわけていただくと、
ちょうどいい具合だと思います。

☆ジョバンニさん☆

ファイル 105-1.jpg

プーリア食材を届けてくれるジョバンニさんと
かわいらしい娘さん、ねねちゃんです。

先日、日本に帰国?(昔は日本に住んでいたんです)されて沢山のプーリアの食材を持ってきてくれました。
カーチョカヴァッロ、カポコッロ、オリーブ、ラテ・ディ・マンドルラ等などコルテジーアのお料理には欠かせない食材です。
そして、日本ではなかなか味わえない物たちばかり…

先日、ジョバンニさん家族と、プーリア好きの皆さんが集まってパーティーを開きました。
その時のワンショットです。
皆様でプーリアの食材のお料理を召し上がりながら、
プーリアの話に花が咲き、とても楽しそうでした

☆ぽちーんっ☆

ファイル 104-1.jpg

寒かったり、暖かかったりと気温が上下していて
体がなかなかついていけません…
こんにちは、佐久間です。

皆様体調は崩されていませんか?
私は体だけは丈夫で、この気温の変動もへっちゃらです。
雨が降り、気温が少しずつ上がっていくと『あぁ春が来るなぁ』と感じます。

さて、今日はお皿の上に「ぽちーんっ」とのっているチーズを…
なんかレストランの料理ではないみたい…
でも、“おいしいの”
イタリア人のやっている業者さんが持ってきてくれた、カンパーニャ州の水牛のモッツァレラチーズ

一度サンプルでお店に持ってきていただいて、スタッフで試食。
全員一致ですぐに仕入れることを決めた逸品です。
なんといっても香りが違います。
これは何?これが水牛のモッツァレラなのね…という感じ
人肌に温めて、ふんわりとした香りを楽しんでいただいております。

夜のメニューで登場いたしますが、数に限りがございます。
召し上がりたい方は、お早めに…

☆これが『Latte di Mandorla

ファイル 103-1.jpg

前回のトピックスでご紹介した『Latte di Mandorla』
こんな瓶に入って日本に届きました。

とてもかわいらしい瓶です。
よーく見ると、プーリア州の世界遺産、「トゥルッリ」が書かれているんです。

プーリアではビアンコマンジャーレに使ったり
ソーダ水で割って飲んだりするそうです。

☆これはなんでしょうか?☆

ファイル 102-1.jpg

皆様、これは何でしょうか?
牛乳プリン?いやいや、イタリア料理屋さんだから…
パンナコッタ!?

違うんです。これは『ビアンコ・マンジャーレ』
というんです。
一般的な言葉でいうと、『ブラマンジェ』です。

でも……、コルテジーアのビアンコマンジャーレは一般的ではないんですよ。
なぜなら、プーリア州の『Latte di Mandorla』を使っているからです。
『Latte di Mandorla』??=アーモンド乳です。
これはプーリア州から今、日本に来ているジョバンニさんが持ってきてくれたんです。
日本でこの『Latte di Mandorla』を使ったビアンコマンジャーレは、コルテージアでしか食べられない!!と思いますよ。

☆カラブリアワイン会!☆

ファイル 101-1.jpg

最近とても冷え込みますね
寒さに頑丈にできている私でも、流石に“寒いな…”
と感じております。
お久しぶりです、佐久間です。

ずいぶんトピックスの更新をサボってしまいました。
スイマセン。

さて本日は、今月25日に行われる、カラブリア州のワイン会で登場するカラブリア食材たちをご紹介いたします。
カラブリア州は“辛い!辛い!辛い!”のお料理が有名です。
そこで、辛い食材を3品
・ンドゥヤ(写真右)
・トゥットカラブリア(写真中央)
・シガレッテ(写真左)

今回のワイン会のお料理に登場します。
どんな味で、どんなお料理に合わせるかは、当日のお楽しみに…

カラブリアワイン会、あと2〜3名様のご参加のみ承れます。
寒い季節、カラブリアのワインと辛〜いお料理とのマリアージュいかがでしょうか?

☆先日…☆

ファイル 100-1.jpg

昨晩は寒かったですね。今日も最高気温は8℃と冷え込んでいます。
皆様、忘年会、お正月、新年会…と疲れを溜めていませんか?
こんにちは、佐久間です。

そんなお正月も半ばに入り、皆様にご報告なのですか…
先日、TBSの『チューボーですよ』に出演させていただきました。
お題は『なすとトマトのパスタ』でした。

そこでこのシェフの『なすとトマトのパスタ』を只今ランチ、ディナー共にご用意いたしております。
是非、江部シェフの『なすとトマトのパスタ』召し上がってみてください。

☆変な形だけど・・・☆

ファイル 99-1.jpg

こんにちは 佐久間です。

本日は変な形の貝を使ったパスタをご紹介いたします。
『マテ貝と北海道産生ウニのパスタ』

写真、パスタの奥にある長細いのが貝の殻です。
2枚貝の仲間で、見た目は少しグロテスクなのですが、
とても味が出て美味しいのです。
ちょうど今頃から、春にかけてが旬です。
イタリア南部でも食される貝だそうです。
シェフはこのマテ貝に生ウニを合わせて一皿を・・
アートですね◎

☆あけましておめでとうございます☆

ファイル 98-1.jpg

2010年 
明けましておめでとうございます。
シェフ&佐久間です
少しお間抜けな写真で新年から失礼いたします。

皆様、旧年はコルテージアをご愛顧いただきまして
誠にありがとうございました。

今年も江部シェフの織り成す、南イタリアの風を感じるお料理ともにコルテージアでの楽しいひとときを皆様にお届けいたします。
どうぞ宜しくお願いいたします。

☆ご馳走様です☆

ファイル 97-1.jpg

秋から冬へと駆け足で季節が移り変わっていきますね
皆様、いかがお過ごしでしょうか?
こんにちは、佐久間です。

今日は、コルテージアのある日の賄を・・
お客様に、イタリアのお土産でトスカーナのサラミをいただいたので、
イタリアワイン(こちらもお客様に頂いた物です。)と一緒に頂きました。
いつも賄いでサラミなどは食べませんよ・・
スタッフ皆、「うま〜い」と・・あっという間になくなりました。
たまには、こんな賄いも。

美味しく頂戴いたしました。ありがとうございます。

☆信州づくし☆

ファイル 96-1.jpg

こんにちは、佐久間です。

今日は「信州づくしのアンティパスト」をご紹介します。
『信州サーモンとあいかの香りのカルパッチョ
ディルソース ざくろを添えて』

先日、キッチンのスタッフが信州の食材のセミナーに行ってきたんです。
その中で美味しかった「あいかの香り」というリンゴと信州サーモンのマリアージュです。
この「あいかの香り」は長野市村山の藤牧農園で育てられています。
2001年に品種登録されたまだ新しい品種なのですが、皆様がよくご存知のふじとつがるを掛け合わせた品種です。
甘味が糖度14%ととても高く、シャリシャリとしたやや硬い食感のリンゴです。

信州サーモンも海外のサーモンと比べ、味、身共にしまりがあり、目を閉じて食べたら白身魚かしら?と思ってしまいそうな印象さえあります。

この二つのマリアージュは冬に向けてコルテージアのディナーのメニューに登場する予定です。

☆忘年会☆

ファイル 95-1.jpg

ご無沙汰しております。佐久間です。
11月に入り夜はぐんっと冷え込むようになりましたね。
私のお布団にもそろそろ電気毛布が仕込まれる予定です・・

さてさて11月12月を踏まえましてコルテージアでも
皆様で楽しんでいただけるような忘年会のメニューをご用意いたしました。

今回はなんと、お昼忘年会メニューもご用意いたしました。
夜はお子様がいるので、なかなか忘年会などを開けない奥様たちにも楽しんで欲しいという思いの詰まった企画です。
いつものランチメニューとは違うラインナップでドリンク一杯付きです。
お値段は¥3000−(税込み)4名様から承っています。(要予約)
詳しいことなどはまた次回のトピックスで・・(お電話でもお答えしております。)

☆新車☆

ファイル 94-1.jpg

東京は昨日まで雨続きだったのですが、今日は晴天◎
空気も澄んで、気持ちがいいです。
久々に自転車通勤・・といっても2日ぶりなのですが
毎日乗っていると、2日乗らないだけでも久しぶりだなぁと思います。

さて、この自転車・・・
実はシェフが新車を購入したんです。(奥様ローンで)
もちろんイタリア車『GIOS』です。
この自転車の前もGIOSに乗っていたのですが、バージョンアップしたようです。
フレームはクロモリ、前のフォークはカーボンだそうで。
乗り心地が違うようです。かっこいいなぁ・・
今日は新車を走らせるには最高だったんじゃないでしょうか・・
『オヤジはクロモリだね』とご機嫌でした。

コルテージアの階段下においてあります。
シェフは料理やイタリアの話以外に、自転車の話も大好きなので、自転車がお好きな方シェフに話しかけてみてくださいね。

☆熟しました☆

ファイル 93-1.jpg

こんにちは、佐久間です。
コルテージアの店先のオリーブの木のオリーブの実が熟してきました。
最初は緑のとても小さな実がなっていたのですが、秋を迎え、ぷっくりと丸くなり黒く熟してきたんです。
今年は6粒しか熟すまでには育たなかったんですが、来年はもう少し・・
階段を下りる前のオリーブの木になっています、興味のある方は是非見てやってください。

☆お待たせいたしました☆

ファイル 92-1.jpg

お久しぶりです。佐久間です。
今月の7日に根津美術館が2年以上の改装期間を経てオープンいたしました。
未来的な日本家屋を思わせる外観です。まだ館内は拝見していないのですが、近いうちに足を運ぼうと思っています。

さて、さて皆様お待たせいたしました。
栗の季節です。昨年の秋にコルテージアにお越しいただいている方はハッとするのではないでしょうか?
『モンテビアンコ』のご用意ができました。
モンテビアンコ・・初めての方も、2回目3回目の方も是非、秋のあまーい誘惑を味わいにいらしてくださいね。

☆☆アクアパッツァ☆☆

ファイル 91-1.jpg

台風18号、本州を縦断しましたねぇ・・
東京はすごーい風でした・・皆様お怪我などはされていませんか?
私はこの風が強い中、ワインの試飲会に行ってまいりました。
美味しいワイン発見でき、勉強になり満足です。

さて、ワインの話をしておきながら今日は、先日お魚好きなお客様にお出しした『アクアパッツァ』をご紹介いたします。
大きな真鯛とアサリ、黒オリーブ、セミドライトマトを白ワイン、水で蒸し焼きに・・・
シンプルでストレートな味わいです。
事前にご予約いただければこんなお料理もご用意できます。

☆新作パン☆

ファイル 90-1.jpg

毎朝、駒沢公園の側を走るのですが、少し前までセミがミンミンと鳴いていたのに、最近は銀杏の独特の匂いを嗅ぎながら通勤しています。
自転車は、四季を五感で感じる事ができます。
こんにちは佐久間です。

さて、今日は『キタアカリとロディジャーノチーズのフォカッチャ』をご紹介いたします。
コルテージアのパンは全て自家製。季節によって食材や配合をかえて、色々なパンをご用意。食欲の秋に合わせて少しボリュームのあるパンを・・・
ジャガイモの甘味とチーズの塩気、少しお惣菜的なフォカッチャと少ししっかりした白ワインなんていかがですか?
日々色々なパンを焼くのでどんなパンに出会えるかはその日次第です。
皆さん、お料理と一緒にコルテージアのパンも楽しんでくださいね。

☆入荷しました☆

ファイル 89-1.jpg

昨日、東京では久しぶりに雨が降りました。
ひんやり、しとしとと・・ちょっと風情のある秋の雨。
雨も嫌じゃないな・・
こんにちは、佐久間です。

今日はイタリアから届いた『カルドンチェッリ』というキノコをご紹介します。
カルドンチェッリはプーリア州を中心とした南イタリアのキノコです。
カルドンというチコリの一種の側にできるのでこの名前のよう・・
食感はエリンギのようでパスタのソースなどにすると、キノコの旨み成分が出るようです。
今年のカルドンチェッリはどんな料理になるでしょうか・・?
楽しみです。

☆秋、本番?☆

ファイル 88-1.jpg

今日はとても気持ちのいい秋晴れでいたね。
皆様、プラチナウィークを楽しみましたか?
関東は、晴天に恵まれましたものね・・
こんにちは、佐久間です。

今日は・・・
秋の味覚の王様?ポルチーニ茸の新作パスタをご紹介いたします。
『ポルチーニ茸とアンチョビのオレキエッテ』
オレキエッテはプーリア州の名物ショートパスタ
耳たぶという意味のパスタなのですが、形は麦藁帽子、食感はもっちもちの手打ちパスタです。
私どもの店ではメニュー以外に、お客様とお話をしていく中で、ご要望に応じてシェフと相談しながら即興でメニューが出来上がっていくことがあります。
「こんな感じのパスタが食べたい」というお客様の声から、美味しいレシピが出来上がることがあるんです。
今回、ご紹介したパスタはまさに・・・

ロングのパスタに合わせるときとは違う食材の下処理、調理工程・・
同じ食材を色々な視点からメニューにしていくと、また違う味わいかたが出来ます。

☆9月は・・・その3☆

ファイル 87-1.jpg

こんにちは 佐久間です。
皆様プラチナウィークを楽しんでいますか?
コルテージアは通常通り月曜日のみお休みを頂戴して、営業しております。

さて早いもので、9月ももう後半です。あっという間に夏が過ぎ10月が目の前・・・
9月限定の『シェフのおまかせコース』¥8,000−もあと残すところ8日間です。
今日はその中からパスタを一皿ご紹介いたします。
『カラスミとアーティチョークのリングイネ』
カラスミの香りとアーティチョークの甘味をシンプルにお皿のなかに表現しました。
皆様お得なこの機会にコルテージアに足を運んでくださいね。

☆トロッコリ☆

ファイル 86-1.jpg

こんにちは 佐久間です。
今日はプーリアの手打ちパスタ『トロッコリ』をご紹介いたします。
トロッコリ・・聞きなれないパスタの名前だと思います。
簡単に言うと、プーリアの手打ちタリアテッレです。
でも、生地はパスタマシーンを使わずに手で伸ばし、写真のような木製の溝のある麺棒のようなもので切っていくんです。
トスカーナのピーチに少し似ている、うどんのようなパスタ・・
日本人は大好きなはず・・
トマトソースや軽いラグーのソースなどに合わせて。
メニューには『子羊のサルシッチャとアーティチョークのラグーソース』でご用意しておりますが、お客様とご相談してお好みのソースでも・・

☆秋の風☆

ファイル 85-1.jpg

今年は『残暑』という言葉は必要ないほど心地のいい日が続いていますね。こんにちは、佐久間です。
秋、秋・・・・紅葉、美味しい食材、ベランダ夜長ビール、読書?
秋に思いつくもの並べてみました。気持ちのいい季節、夜風に当たりながらのお酒は最高です。

さて、そんな秋に白ワインを片手にカラスミをつまみ、ちょっとしめパスタ・・というときに『トリュフパスタ』なんてあったらもう私はこの世に私を産み落としてくれたことに感謝します。
最近、登場した『トリュフパスタ』試食を食べた瞬間ににんまりと笑ってしまいました。
なんと感想を言っていいのかわからないので、この表現で・・
余計な物を入れず、ただ素材の味を上手にパスタと合わせる・・そんなパスタです。
ぜひ皆様、お試しを

☆9月は・・その2☆

ファイル 84-1.jpg

こんにちは、佐久間です。
さて今日は9月の『シェフのおまかせコース』のお魚料理をご紹介いたします。
今回はアクアパッツァをご用意しております。
内容はその日の仕入れによって変わっていくのですが、写真は真鯛、ヤリイカ、手長エビ、天然ホタテです。サルサヴェルデという香草のソースで召し上がっていただいております。
シンプルで素材の味を楽しめる一皿です。

☆9月は・・・☆

ファイル 83-1.jpg

秋の風が頬に気持ちのいい季節になってきましたね◎
コルテージアのメニューも段々と秋の食材が増えてきました。
こんにちは、佐久間です。

さて今日は・・お得な情報です。
9月はコルテージアがオープンした月なんです。
そこで、皆様に感謝の気持ちをこめて、¥9,500−のシェフのおまかせコースを¥8,000−でご用意しております。
9月に向けてシェフとおまかせコースの打ち合わせをしたのですが、すごく豪華なコースになっていましたっ!
構成は、アミューズ、冷菜、パスタ、リゾット、お魚、
お肉、デザートです。
これからのトピックスで少しずつ紹介していく予定ですが、今日はまず冷菜の写真をアップ・・
このコース、結構ボリュームがあるので皆様お腹をすかせていらしてくださいね。

☆ありがとうございました☆

ファイル 82-1.jpg

先日行われた、シチリアワイン会、とても好評でした。
ワインもお褒めの言葉をいただいたのですが、お料理も皆様それぞれにお好みの物があったようです。
その中でも特にご好評だった、『メカジキのインボルティーニ』をご紹介いたします。
インボルティーニ、簡単にいいますと、ロール巻きです。
メカジキを薄くスライスし、その中にパン粉、卵、玉葱、パルミジャーノチーズ、オレンジピールをよくあわせたものを巻き込み(写真)、焼きつけて完成です。アクセントにオーガニックのオレンジジャムが入っていたのですが、皆様気がつきましたか?
このジャムがネロ・ダーヴォラとのマリアージュを完成させていたんです。

次回のワイン会も皆様たのしみにしていてくださいね。
お題はまだ考え中です。
佐久間でした。

☆巨峰で・・・☆

ファイル 81-1.jpg

昨日のお休みを利用して、愛車に跨り中目黒をフラフラとして参りました。
湿度も低く、風もなく絶好の自転車日和でした・・
が・・3時位に世田谷はゲリラ豪雨に見舞われ、危うくビショビショに・・
雷鳴も轟き、『あぁ、秋がやってくるなぁ』と身に感じたお休みでした。 こんにちは佐久間です。

さて、シェフの新作リキュールを今日はご紹介
“UVA CELLO”
有機の巨峰とスピリッツで作った食後酒です。
解りやすくいうと、レモンチェッロの巨峰版です。
薄いピンク紫でかわいらく、味も微笑んでしまいそうな優しさがあります。
最近ソーダで割って飲んでみたのですが、お酒の弱い方におすすめです。
ぜひ、お試しください。

☆来たる、シチリアワイン会☆

ファイル 80-1.jpg

最近とてもいい天気が続いていますね。
残りわずかな8月を大好きな自転車にまたがり、太陽の下楽しんでおります。
こんにちは、佐久間です。

さて、コルテージアでは8月26日にシチリアのワイン会を開催いたします。
ワイン、お料理共に選手が出揃いましたので、少しだけご紹介いたします。

では、本日はワインを・・・
スプマンテ1種、白1種、赤2種、食後種1種、計5種のラインナップです。
暑い日が続いているので、皆様きっと泡が飲みたいだろうと、今回は少し奮発して、一種目にスプマンテをご用意しました。
“MURUGO”<tenuta san micchele>
ネレッロマスカレーゼ100%
この造り手は、エトナ火山性土壌からの豊富なミネラルを高い標高と昼夜の寒暖差から繊細で伸びのある酸を得、エトナの個性をワインに表現しています。
南イタリアで造られるスプマンテの味・・・
皆様楽しみにしていてくださいね。

☆お休みを頂戴いたします☆

こんにちは、佐久間です。
皆様お盆休みを楽しんでいますか?
それともお仕事に励んでいますか?
私どもも少しだけお盆のお休みを頂戴いたします。

明日、8月15日(土)〜8月17日(月)の3日間お休みを頂戴いたします。

お休みを使い、スタッフ一同リフレッシュして18日(火)から営業いたします。
ご予約お待ちしております。

☆ほやほや☆

ファイル 78-1.jpg

こんにちは 佐久間です。
今日は暑いです・・東京は最高気温33℃だそうです。
夏らしさが戻ってきた感じですかね?
皆様、今日辺りからお盆休みでしょうか?
それぞれに楽しい休日を過ごしてくださいね。

さて、今日は皆様からご好評の自家製パンをご紹介。
『PUCCE(プッチェ)』です。
黒オリーブ、玉葱の入ったかわいらしい丸いパン。
生地にゆでたジャガイモをマッシュした物が入っています。
その為、しっとりモッチリ・・表面はカリッと
ほんと美味しいです。コルテージアのパンは全て自家製パン。
その日の湿度や気温、作り手によって同じレシピでも味が180度変化するパン。
おもしろいです。

☆長崎五島列島から☆

ファイル 77-1.jpg

さてさて、今日は珍しい貝をご紹介いたします。
長崎県五島列島から、『緋扇貝(ひおうぎがい)』届きました。
帆立貝と同じ二枚貝の仲間なんですが、色がカラフル、カラフル・・
オレンジ、ムラサキ、キイロが主な色のようです。
『緋色』という日本古来の独特の色(オレンジのような色)をしている貝なのでこのような名前になったようです。
少し小粒ですが、ギュッとしまった味と香り。
ホタテは寒い海で育つのに対して、緋扇貝は暖かい海で育ちます。
南イタリア料理のコルテージア、シェフはお気に召したようです。
パルミジャーノとパン粉のオーブン焼きで皆様に召し上がっていただきました。

☆GAカード☆

ファイル 76-1.jpg

今日はピカーッときれいな青空・・
気持ちいいですね。夏が来た感じがします。
こんにちは、佐久間です。

さて今日はコルテージアにいらっしゃっていただいているお客様にお得な情報を・・
コルテージアは『グルメアライアンスカード』の加盟店なんです。
簡単にグルメアライアンスカードの説明をすると・・
①ディナータイムの料金が10%OFF
②旬のお店や飲食店の最新情報をメールで配信

入会金、年会費などは頂戴していなのですが、カード発行手数料(一年間有効)として¥5,250−頂戴しております。
そして今なら限定1,000名様、初年度のカード発行手数料が¥3,150−です。
詳しくはグルメアライアンスカードホームページへ・・
http://www.gacard.info/index.html

☆夏といえば・・・☆

ファイル 75-1.jpg

今日は、ムシムシと暑いですね。
こんにちは、佐久間です。

先日お店で、貸し切り納涼会が開かれました。
その時に皆様にご好評だったのが、スイカを器にしたマチェドニアッ!
スイカの器・・・見た目も味も夏を感じていただきました。
中々、丸ごとのスイカって買いませんもんね。私もついつい興奮して、スイカの器ができていく様を、パシャパシャとカメラに収めてしまいました。

☆夏のおすすめ☆

ファイル 74-1.jpg

お久しぶりです・・佐久間です。
今日は気温が少し低く過ごしやすい陽気でしたね。

さて今日は久しぶりにコルテージアのワインをご紹介しようと思います。
『VITE MARITATA / I BORBONI』
アスプリニオという葡萄を100%使ったワインです。
このアスプリニオ、もともと黄色味が強い品種なのですが、ボルボーニのワインは葡萄を少し遅摘みしているので、黄色味が増し、樽をかけたような色合いのワインに仕上がっているのです。
見た目は少しどっしりとしたワインの印象・・
でも香りは華やかで、味わいは思ったよりキリリと爽やか。
旬のサマーポルチーニのパスタに合わせて召し上がっていただくと◎です。

そして、このワインキャップシールのところがかわいいんです。

☆お休みを頂戴いたします☆

こんにちは 佐久間です。
ついに関東も梅雨明けしましたねっ!

さて、コルテージアは
7月20日(月)、21日(火)、22日(水)
の三日間夏休みを頂戴します。

お休みをつかい、スタッフ一同リフレッシュして23日(木)から営業いたします。
ご予約お待ちしております。

☆暑さも・・・☆

ファイル 72-1.jpg

今日は暑いですね。カーッと照る日差しに夏を感じます。
こんにちは、佐久間です。
皆様、夏バテは大丈夫でしょうか?
この暑さで冷やし中華やそうめんが食べたくなってしまいます。

でも、今日はコルテージアの夏の煮込み料理を・・・
『牛テールとほほ肉の軽いトマト煮込み』です。
夏に煮込み・・・おもい・・・?
そんなことはございません。
辛味を少しだけきかせ、白ワインとトマトで煮込んでいるので、以外にもさっぱりと召し上がっていただけるんです。
コラーゲンも摂れますし、美肌にも・・・

皆様暑さに負けず、この夏を乗り切りましょうね☆

☆バージョンアップサラダ☆

ファイル 71-1.jpg

こんにちは 佐久間です。
今日は・・・
前回のトピックの野菜たちのその後を・・・
『大和田農園さんの野菜と鱸のカルパッチョレフォールソース』
今回大和田農園さんの野菜に合わせて、サラダのドレッシングや調理法も変えてみました。
是非、コルテジーアで『大人サラダ』、味わってみてくださいね。
ランチもディナーもサラダ関係の野菜は大和田農園さんのものです。

☆シャキシャキ☆

ファイル 70-1.jpg

こんにちは 佐久間です。
日曜日、月曜日の夜、空を仰ぐときれいな月を久しぶりに見ることができました。
そして今日は太陽を・・・気持ちがいいですね。
梅雨の晴れ間、大事にしたいですね。

さて、今日は・・・
『大和田農園の野菜たち』をご紹介いたします。
大和田農園は茨城県ひたちなか市にある無農薬、露地栽培をしている農園です。
ここの野菜とても歯応えがよく、苦味と甘味がはっきりしています
特に苦味にはしっかりとしていて、大人の野菜の楽しみ方を提案できる野菜たちです。
コルテージアでは、すりおろした玉葱とビネガーをサラダの上からかけ、みなさまに味わっていただいています。
野菜を噛むのが楽しくなってしまうサラダ・・
是非お試しください。

☆ストラッシナーティの作り方☆

ファイル 69-1.jpg

こんにちは 佐久間です。
今日はシェフの手元のベストショット?が撮れたので紹介します

『ストラッシナーティ』を作っています。

随分前のトピックスでストラッシナーティについてご紹介したのですが(6ページ辺りに紹介しています。)、手打ちパスタを作っている手元はなかなか上手に撮影するのが難しいのです。

動きが早いんです。今回は手元が皆様にわかりやすく撮れたような気がするのですが・・・

いかがでしょうか?
引きずっています・・・
ナイフで引きずることでパスタにザラザラな面ができ、そこにソースが絡むんです。

このパスタはやっぱりトマトソース系が合う気します。

☆フランス モンサンミッシェッルより

ファイル 68-1.jpg

こんにちは、佐久間です。
先日のトピックスでご紹介したイタリア産ムール貝の旬が終わってしまいましたが、次から次へと旬の食材はでてくるもので・・・

今回はフランスモンサンミッシェル産のムール貝がコルテージアに届きました。
少し小粒の身を軽く炭火で焼き、レモンとオリーブオイルで召し上がっていただいております。
同じムール貝でもイタリアのムール貝とは違った味わいをもっていて、今回は炭火焼でご用意いたしました。
キッチンで炭火でムール貝をあぶるシェフ・・・
なんだか海の家のおじさんみたです(笑)

鮮度が命・・・金、土、日曜日のみの限定販売です。

☆サッパリと・・・☆

ファイル 67-1.jpg

こんにちは
今日は気温が30℃を超えるようです。
空は夏の青色に近くなってきましたね・・・

そして、コルテージアは・・・
『イタリア産サマーポルチーニ』を仕入れました。
秋口に出てくるポルチーニよりもサッパリしています。
北海道産のホワイトアスパラガスと共に、オイルベースのソースでさっぱりと、やさしい味わいに・・・

☆ごめんなさい☆

こんにちは 佐久間です

前回のトピックスでお知らせしたイタリア産ムール貝、とても好評で土曜日をもって完売してしまいました。
ありがとうございます。
そして、楽しみにしていてくださった方、すいません。

また、どんどん新しい、そして美味しい旬の食材をトピックスに掲載していきますので、皆様楽しみにしていてください。

☆イタリアから・・・☆

ファイル 65-1.jpg

こんにちは、佐久間です。
雨がザーッと降ったりやんだりと、安定しない天気が続いていますね。
なんだか夏が近づいてきているんだなと感じます。

さて、今回は期間限定『イタリア産ムール貝』をご紹介いたします。
梅雨のこの時期から夏前にかけてのみ旬を迎えます。
その時期を狙ってシェフ、ムール貝を仕入れました。
しかも、イタリアから日本に届くのが金曜日。
コルテージアはそのムール貝をその日に仕入れ、今週の金、土、日曜日の3日間に限りご用意しております。
軽く蒸し焼きにして、オリーブオイルとトマトのソースでイタリアらしく、シンプルに召し上がっていただいております。

今しか食べられない味を是非・・・

☆旬です☆

ファイル 64-1.jpg

こんにちは、佐久間です。
今日は暑かったですね。東京は最高気温、28度を観測したそうです。

さて今日は、有機のホワイトアスパラガスが北海道から届きました。
旬の季節でも生産者さんが、本当に美味しいという、コアな旬がどの食べ物にもあるようです。
そんなコアな旬の素材をコルテージアのキッチンのスタッフは追いかけています。

ホワイトアスパラガスといえば、卵とチーズ…
食通の皆様なら誰もが思い描くマリアージュですよね。
しかしコルテージアでは・・・
やっぱり得意のパスタとのマリアージュ。
シェフの料理の構想を聞いただけで、『おいしそうだなぁ』と思う、パスタ2種ほどご用意いたしました。
ご予約の際、当日でも、スタッフに声をかけてくださいね
仕入れた状態によってはなんと生で食べていただけるときもありますよ。 もちろんカルパッチョで・・

☆いい香り☆

ファイル 63-1.jpg

こんにちは 佐久間です。
今週初のトピックス更新・・・
少しさぼってしまいました。(反省・・)

さて、今日は前回のトピックス『あぎ茸』を使ったディナーの前菜をご紹介します。(写真)
『スモークアナゴと信州あぎ茸のサマートリュフ添え』

一番下にあぎ茸のグリル、その上に乾燥そら豆のピューレ、スモークしたアナゴをのせ、
カルドンチェッリというキノコのパテを・・・
最後にサマートリュフのスライスを・・

お客様のテーブルにお持ちした瞬間からスモークしたアナゴとサマートリュフの香りがふんわりと香る一皿に仕上がっています。

乾燥そら豆の甘味やバルサミコソースなどと一緒に楽しんで食べていただけると思います。
6月一杯はご用意できると思います。
ぜひ、信州のキノコとコルテジーアのコラボレーションを楽しんでくださいね。

★☆信州☆★

ファイル 62-1.jpg

こんにちは 佐久間です
雨の日が続いていますね・・・
雨も開き直ってしまえば好きな天気なのですが、通勤などで足元が濡れるなどと考えると少し憂鬱になってしまいますよね。

本日は『信州アギダケ』をご紹介いたします。(写真)
アギタケとはエリンギや白霊茸の仲間でイタリア原産のキノコだといわれています。
外観は、傘がしいたけ、軸がエリンギのようです。
旨みがしっかりあります。アミノ酸含有量が他のキノコより多いという分析結果があるようです。

今回このアギタケを・・・
ランチ:信州アギタケと自家製パンチェッタのクリームソース 
ディナー:信州アギタケとスモークアナゴ、サマートリュフの冷菜
としてご用意しております。

是非、信州の珍しいキノコ、お召し上がりください。
次回のトピックスで、アギタケのお料理を細かくご紹介いたしますね☆
お楽しみに・・・

☆夏の風☆

ファイル 61-1.jpg

こんにちは
5月も後半に入り、朝の日差しや夜の風に夏を感じるようになってきた今日この頃です。
女性はこの日差しの紫外線に頭を悩まされてしまう季節ですよね・・・
紫外線は、7月8月よりも、5月6月のほうが強いらしいです。
うぅ・・わかってはいるですがこの気持ちのよい季節、ついつい自転車通勤して、ばっちり日差しを浴びてしまっています。


今週5月30日(土曜日)はランチの営業が、貸切のパーティーをいただいております。申し訳ございません。
通常営業は夜のみとさせていただいております。
31日(日曜日)は通常通りの営業です。
皆様のお越しをお待ち申し上げております。

☆八百屋さん?☆

ファイル 60-1.jpg

こんにちは 佐久間です。
今日は八百屋さん?が『赤城の赤玉葱』を持ってきてくれました・・

嘘です・・
スイマセン、コルテージアの江部シェフです。

シェフ、群馬県赤城の齊藤さんから届いた赤玉葱が、とても美味しそうだったので、「サクチャン、サクチャン」とにんまりして私に声をかけてきたんですね・・
そこをパシャリ・・Tシャツ姿でなんだか八百屋さんみたいですよね。

今回はこの立派な葉玉葱の上から下まで使って、トマトソース、パルミジャーノチーズと共にシンプルに玉葱の味を味わっていただいています。

ランチパスタとしてお出ししておりますが、スタッフに声をかけていただければ、ディナーでもご用意いたします。
数に限りがありますので、お早めにどうぞ・・

☆ニョッキ☆

ファイル 59-1.jpg

暖かい・・というよりも少し汗ばむようなお天気が続いていますね。
こんにちは 佐久間です。

今週に入って夜のコースのメニューを変更しました。
今回はプリモピアットがリゾット、ニョッキの構成です。
前回のトピックスでご紹介した魚介のリゾットと、今回ご紹介するニョッキです。

コルテジーアでは、アンデスレッドというジャガイモを使ってニョッキをつくっています。
皮が少し赤く、中が黄色味の強いじゃがいもです。
でんぷん質の甘味が強くねっとりとした舌触り・・
ニョッキの出来上がりも少し黄色味をおびています。

成形はフォークなどを使わずに、指でやさしく、深めのくぼみを作っていきます。
深いくぼみにソースがたっぷり絡みます・・

このニョッキをグリーンアスパラガスと、ゴルゴンゾーラチーズと一緒にクリームソースでお出ししています。

☆プーリアワイン会☆

ファイル 58-1.jpg

こんにちは!佐久間です!

昨日はプーリアワイン会がコルテージアで行われました。
今回のワイン会もとても皆様にご好評でした。
皆様、特にお料理とロゼワインの楽しみ方に満足していただいたようです。
なかなかロゼワインは日本では浸透していませんものね。

◎魚介のリゾット(写真上)はSYABINというプーリアのロゼと一緒に・・

このマリアージュはシェフも「プーリアで感じる自然なマリアージュだよね」といっていました。

皆様、グイグイワインがすすんでいましたね☆

ワイン会にご参加くださった方々、ありがとうございました。

次回のワイン会もお楽しみに・・・

☆☆プーリアワイン会☆☆

ファイル 57-1.jpg

こんにちは 佐久間です

本日は5月13日に控えた、プーリアワイン会のワインを少しだけご紹介いたします。
今回のワイン会はシェフの本星、プーリアのお料理に合わせたワイン会です。
今までのワイン会は、お題のワインに料理を合わせていったのですが、今回はプーリアの料理に合うプーリアのワインを取り揃えました。

プーリアではよくロゼワインを飲むそうです。
野菜、トマト、魚介が中心のプーリア料理、自然と少し切れのあるロゼワインがグイグイと進むようです。

CASTEL DEL MONTE ROSE '07 <RIVERA>(写真左)
ボンビーノ ネーロ100%
珍しいブドウ品種ですよね。
お食事の最後にパルミジャーノチーズとマリアージュ
これがすごいんです。チーズと合わせることでワインの印象が180度変わります。

SHABIN '07 <ANTICHE AZIENDE CANOSINE> (写真右)
ネロ ディ トロイア65% モンテプルチャーノ35%
こちらは魚介のリゾットとマリアージュ
グイグイワインが進みますよ☆

あとは・・・白ワイン2本と、プーリアの盛りだくさんの色々前菜
      赤ワインとシェフのお得意のプーリア肉料理 (これは秘密です。当日をお楽しみに)

プーリアワイン会の全貌が、すこーし見えてきましたか?
私も当日のマリアージュが楽しみです。

まだ定員まで若干空きがございますので、ご興味のある方はお電話にて受け付けております。

☆赤城のビーツを使って その

ファイル 56-1.jpg

こんにちは 佐久間です。

ゴールデンウィーク、豚インフルエンザの影響で海外は行きにくい状況になってしまいましたね。
1,000円の高速料金代を使って遠出するのが今年の主流でしょうか?
私は仕事☆です。

さて、群馬の齊藤さんのビーツを使った一品を本日はご紹介しますね。
パッパルデッレという幅広のパスタと、ビーツの葉、スカンピ、サンダニエーレ産生ハムをクリームソースでまとめてみました。
ビーツの葉からピンク色が出て、きれいです。
スーパーなどで売っている、乾麺にもビーツで着色した物が売っていますものね。

このパスタは夜のメニューで、ご用意しています。
スタッフに声をかけてくださいね。

☆暖かな日が続いていますね☆

ファイル 55-1.jpg

こんにちは 佐久間です。
今日で4月も最終日ということで、ゴールデンウィーク前、月末のお仕事に追われている方も多いのでは…?
コルテジーアも棚卸し、何だかんだとパタパタ…
そんな中、私が最近元気をもらっているのが、コルテジーア入り口の植物達です。
オリーブ、ワイヤープランツ、ローズマリー、アイビーなどなどがぐんぐんと大きくなってきています。
オリーブは今年出てきた芽から花が咲きそうです。
アイビー、ワイヤープランツもぐんぐんつるをのばし…
コルテジーアの入り口も賑やかになってきました。
冬の間は、緑も少なく少し寂しかったのですが、春になりぐんぐんと新芽を出す植物たちは、生きるパワーがあります。

コルテジーア、骨董通りから一本横に入った地下にあるんです。
入り口が少し判りにくいのですが、オリーブの木が入り口で出迎えていますので、目印にしていらっしゃてくださいね。

☆4月一杯です☆

ファイル 54-1.jpg

こんにちは 佐久間です。
早いもので、もう4月も後半ですね。
そしてもうすぐゴールデンウィーク…
皆様ご予定は決まっておりますか?
コルテジーアは5月4日の月曜日、定休を頂戴いたします。
後の祝日は通常通りの営業です。お近くにお越しの際にはお寄りくださいね。

さて皆様、今年のコルテジーアのボンゴレビアンコは何回召し上がっていただきましたか?
今年のボンゴレビアンコは4月一杯までのご用意です。
スイマセン、アサリの状態を考慮して、ゴールデンウィークまでは、難しいと思われます。

あと少しの期間ですが、ボンゴレを楽しんでくださいね☆☆

☆引きずる…!?☆

ファイル 53-1.jpg

こんにちは 佐久間です。
毎回、毎回『佐久間です』って、私しかトピックスに登場してないのですが…
本当は調理場のヤングがイタリアン賄い日記を披露してくれる予定なのですが…
準備?が整うまでもう少し待ってくださいね。

さて『引きずる…』とは何でしょうか…?
今回の手打ちパスタは、
『カルドンチェッリとフルーツトマトのストラッシナーティー』です。
このストラッシナーティーは、ストラッシナーレ=引きずる、という他動詞が語源のパスタです。
このパスタは、丸く丸めた生地を“ギュ〜”とナイフで引きずって形を作るのでストラッシナーティという名前がついたのですね。
カルドンチェッリは南イタリアのキノコです(トピックスの最初のほうに登場しています)
少しだけピリ辛なこのパスタ、私、大好きなんです。
キノコの味がソースによく出ているんですよね☆

☆はまりそうです☆

ファイル 52-1.jpg

こんにちは 佐久間です。
昨日のお休みを利用して…
ブルーノートに行ってきましたっ!
ゲストは『ミシェッル カミロ』というドミニカ共和国のジャズピアニスです。
最高でした〜かっこよかったです。
ブルーノート、実はコルテジーアにいらしてくれるお客様のなかで、ブルーノートの演奏前や、演奏後にいらしてくれる方が結構いらっしゃるんです。
お客様と話しているうちに、自分も行きたくなっちゃったわけですね…
ブルーノート…はまりそうです。

さて今日は、久しぶりに「今週のお花シリーズです。」
今週は『やまぶき』を飾ってみました。
とても大きな黄色い花です
その大きさを利用してダイナミックに生けてみました
結構自分では気に入ってます。

☆カヴァテッリ その2☆

ファイル 51-1.jpg

こんにちは 佐久間です。
いい天気の日が続いていますね◎
桜の木の、桜吹雪がキラキラときれいです。
暖かい陽気に誘われて、お出かけになる方も多いのではないでしょうか?

さて、本日は“カヴァテッリその2”です。
前回のカヴァテッリのトピックス欄でお預けだった
『そら豆、ヤリイカと白オリーブのカヴァテッリ』の画像です。
軽い酸味のあるトマトソースとカヴァテッリの甘味、白オリーブの若々しい塩気と苦味、ヤリイカの歯ごたえと甘味のマリアージュッ!

白オリーブとは…
オリーブの実が熟す前に摘み取ってしまう、色がそれほどついていないオリーブのことです。やはり、普通のグリーンオリーブやブラックオリーブより白いですよ☆

この気持ちのいい季節にフラリとコルテージアに寄ってみてくださいね
カヴァテッリは夜のメニューに登場します。

☆新鮮☆

ファイル 50-1.jpg

『新鮮なしこ鰯』でアンティパスト…
暖かくなってきて少し酸味の利いたものがおいしな〜と思うようになってきました。

ということで、しこ鰯を塩、レモン、白ワインヴィネガーでしめ、ローズマリー、ニンニクと共にオリーブオイルでマリネして前菜の一品を完成させましたっ!
赤木の齊藤さんのビーツをソースにして、有機フルーツトマト、ライスサラダと合わせています。
早速、試食…
ふふっ……おいしかったです◎

南イタリアでもしこ鰯はよく食べる食材なんです。
皆さんも、このしこ鰯と江部シェフのコラボレーション味わってみませんか?

☆トゥルッリその2☆

ファイル 49-1.jpg

こんにちは、佐久間です。
週末は暖かく、お花見日和でしたね☆
私も昨日のんびりと、家の側の桜並木をフラーッとして参りました。
桜の木に桜の花がたわわに実ってるって印象を受けました…
満開だと花が咲くというよりは、実ってるという表現のほうが合っていると思うのは私だけでしょうか?

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今日は先日の結婚披露パティーでお出しした“トゥルッリケーキ”のおはなしです。
お客様にもスタッフにも評判のよかったこのケーキ…
なんとコルテジーアでのバースデイケーキになりました。
ポーションを小さくして2名〜10名様まで位で食べられる大きさを作れるようになりました。
写真は4名様用にご用意したもの…
ご予約の時にご相談いただければご用意が可能です。
記念日などにご利用くださいね。

☆カヴァテッリ☆

ファイル 47-1.jpg

こんにちは
桜が満開ですね
気持ちの良い陽気に誘われて、休憩中にフラーッと青山墓地まで桜を見にお散歩にいってきました。

さて、今日はコルテージアの自慢の手打ちパスタ、“カヴァテッリ”をご紹介いたします。
クルンッと内側に巻き込んだモチモチのパスタです。なんか、タラコ唇みたいですね(笑)
巻き込んだパスタとパスタの間に空気の層ができて、食べたときにそこから小麦のあま〜い香りを感じることができるんです。

カヴァテッリとチカテッリという2種類のパスタが南イタリアにはあるんですが、地方によって、家庭によってこの二つのパスタは逆転するようです。

コルテージアの江部シェフはこのタラコ唇パスタがカヴァテッリとイタリアで教わってきたそうですよ◎

さて、このカヴァテッリ、そら豆とシチリア産シロオリーブと共にトマトソースでメニューに載せています。
写真は…次回までのお楽しみ…ということで☆

〜佐久間でした〜

ページ移動