普利亚葡萄酒勘探第1部分


Ristorante Cortesia プーリアワイン探訪 ~プーリアワインのあれこれ~

プーリアのワイナリーやワイン事情、ぶどう品種にまつわるお話や歴史などを定期的に紹介してまいります。

第1回目はCortesiaとなじみの深いワイナリー「Tenute Rubino」をご紹介

“ススマニエッロ”という絶滅しかけたプーリアの地品種を復活させた立役者。
オーナーのルイージ氏は“ススマニエッロ”のポテンシャルを信じ、再興に力を注ぎ、“Torre Testa”という素晴らしいワインを生み出しました。
彼の造るワインはすべてテロワールを大事にし、ぶどう本来の味わいがしっかりと感じられながらもキレイにまとめた、飲み心地の良いワインに仕上がっています。
近年では新しい品種へのチャレンジや今までのラインナップの見直しを図り、常に進化し続けている生産者です。

当店江部シェフとの親交も深く、彼が来日する際には度々足を運んでくださり、江部シェフの料理と自身のワインとのマリアージュを堪能していかれます。
それをみなさまにも感じていただきたく、当店では「Tenute Rubino」のラインナップはほぼすべて取り揃えておりますので、ぜひともご賞味のほど!
?Gg[???ubN}[N??