普利亚葡萄酒勘探第3部分


Ristorante Cortesiaプーリアワイン探訪 ~プーリアワインのあれこれ~

プーリアのワイナリーやワイン事情、ぶどう品種にまつわるお話や歴史などを紹介。

第3回目は、1665年創業プーリア最古のワイナリーであり、プーリアの銘醸地“サリーチェ・サレンティーノ”を代表する歴史と伝統のある生産者“Leone de Castris”。
イタリアで初めてロゼワインを瓶詰めしたと言われている生産者です。

南イタリアの小さな町のワイナリーが注目を浴びることなどほとんどなかった1940年代に、このワイナリーの名声がイタリア国内で広まるある出来事がありました。
その話の中心にあるのがLeone de Castris社の「Five Roses」というロゼワイン。
大戦中にイタリアに常駐していたアメリカ将校がオーダーしたのがきっかけで、イタリアで初めて瓶詰めされたロゼワインとして海を渡り、アメリカでもっとも有名なイタリアワインのひとつとして広く知られることになりました。その後、イタリア国内においても「Five Roses」の英語名のまま販売され、イタリア全土にその名が広まっていきました。
このような出来事があったことから「プーリア=ロゼワイン」というイメージが定着していったと考えられます。

コルテジーアではこの「Five Roses」を常時ご用意しております。
イタリアで初めて瓶詰めされたロゼワインに思いを馳せながら、軽やかに味わってみてください。
また、プーリアの地品種「ヴェルデカ」種で造られる白ワイン「Messapia Verdeca」も旨味のあるドライな味わいでおすすめの1本!
これは、Leone de Castris社オーナー、ピエルニコラ・レオーネ・デ・カストリス氏が来日、ご来店された際に、このワインが欲しいとお願いをしたところ、「ぜひ置いて欲しい!」と快諾。今では、当店のためだけに入荷していただいている特別なワインとなりました。

どちらもこの季節にピッタリのミネラル感たっぷりな味わいで、料理との相性も抜群です!!

ワイナリーのHPはこちら
https://www.leonedecastris.com/
?Gg[???ubN}[N??